スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の愛情

2009.11.25 (Wed)

昨日は呼吸器科と精神科の受診日でした。

病院の入り口に長蛇の列!

何かと思ったら新型インフルエンザの申し込み。それも疾病のある患者さんの列です

精神科では、不安や心配、気分の落ち込みはだいぶ改善されてきてるので

もう少し! ただ、身体の不快感手足がジンジンしたり、顎が締め付けられたり

色々なところに不快感を感じます、

ひとつは薬の副作用も考えられるけど、私の服用している薬は副作用の少ない

あまりこういった例はないそうですが、薬の本?にはありうる症状として記載

されてるようです

もうひとつはうつ病は心の病だけでなく身体のいたる所に症状がでるそうです

心は元気を取り戻しても身体はまだ。のようです

副作用なら薬が減っていけば治まってきますが、まだ減らすことはできないそうです

理由が分かれば我慢はできます

そのあと呼吸器科に、主治医もうつ病のことを大変気にしていてくれて

少し元気になった姿をみて安心してくださいました。

そして、予防接種をどうしようか。。。。主治医と私は同年代で

色々な勉強会や会議などでも、私達くらいの年代は免疫があるのか

罹っても重症化しないことが多いそうです

まして、まだ外出や仕事をを始めることもないので、無理にしなくてもいいよ

と言われました。患者の負担も大きいしね!と

あの長蛇の列を見たら並ぶ元気もありません


今は仕事もなく家でのんびりしていますが。。。。

お小遣いがないんです。。。

家計も今は夫に頼んでますので、ほしい物があってもすぐに買えません

先日、久しぶりに家族が揃ったので気分転換にモールに行ってみました

実は暇つぶしにWiiが欲しく子供たちと今日はどうにかお父さんを説得して

買ってもらおう!とたくらんででかけました。

結果ゲット!  夜は家族でゲームを楽しみました

私も笑ったり動いたりして、息子が「おかぁ、もう平気になったね」って

娘は遅くに帰って行きましたが、やはり家族って大切だし

家族の愛情ってすごいな!と

何度か入退院を繰り返してる時期は子供はまだ中学生と高校生でした

ただ、母の心配と家に母が居ない寂しさだけが心にあったとおもいます

今、二人は成人して、そして私がまた病気になって

成長した子供たちが本当に支えになったり、気遣ってくれたり

何度も病気になっていますが、

やっぱり、家族ですね。私は幸せかもしれません。。。。

そして。。。。大好きな「レミオロメン」が今年紅白に初出場が決定しました

年末が楽しみです
スポンサーサイト

うつ病

2009.11.21 (Sat)

久しぶりのブログです

色々なことがありました、まだ終わってはいませんが。。。。

最近TVでもよく取り上げていますが「うつ病」

私はその「うつ病」にかかってしまいました。

原因は今になってはわかりません。

ある日突然です。

何週間か苦しい日を過ごしました。

クリニックも何か所か行きましたが、相性の合う医師にめぐりあうには難しいですね

幸い、肺の主治医が心の支えになってくれてその病院の精神科にかかりましたが

とっても話を聞いてくれて適切な生活指導などをしてもらい、

抗うつ剤も効いてきたのか、パソコンを開く気持ちになってきました

医師はやれるかな?と思ったことから始めていけばいい。

無理かな?と思ったらやらなければいい。

やっと、パソコンも開く気持ちになってきました。

「うつ病は心の風邪と」とよくいいますが、受診されている患者さんは沢山います

最初は、もう何年も前から動悸がしたり、鼓動を強く感じたり、頻脈になったり

喉に違和感があって締め付けられるような不快感がありました。

その都度循環器や耳鼻咽喉科 めまいでも病院を渡り歩きました

結果はどこも異常なし!

その時からジワジワと「うつ」が影をひそめていたんですね

だんだん、人と会うと鳥肌がたつようになり、手は夏なのに毎日冷たくて

肉体的な疲れでなくどうしようもないだるさが続き会社を辞めました

新たに生活環境を変えてみようと思い、就活もして新しい会社も決まって

さあ!と思った日、訳もなく身体が震え、涙が止まらず、恐ろしくなり

主治医の元に駆け込み、それからは何がなんだかよく覚えてませんが

「パニック障害」→「うつ病」になってしまったようです。

それからは毎日訳もなくなにかに怯え怖くて一人でいられず泣いてばかりでした

「うつ病」には必ず身体からの警告があるそうです、でも病気かと思って

内科や精神科や心療内科に関係ない医者に行ってしまい原因が分からずに

「うつ病」になってやっと身体の異常は精神的なものだったと解る

私もそうでした。

ただ、今は「うつ病」の患者さんも多く沢山の薬も開発され短期間での完治ができるように

なったそうです、今私も抗うつ剤を服用してますが、効き始めるのが服用を始めてから

二週間たたないと効いてきません。この二週間がとっても辛く苦しくて。。。。

今思うとなんで辛かったのかさっぱりわかりませんが。。。

「うつ病」→「自殺」と思いますよね

私も思いました。子供のことを思うと「できない」と思っていた気持ちが

「子供も成長した、もう大丈夫」と思ってしまうようになるんです。

それより、自分が楽になりたい。苦しい日を繰り返し続けたくない。って

これを克服するには一人では無理です。

多分、私はほぼ毎日精神科の医師のところに行って話を聞いてもらっていたように思います

夫もしばらく休職してそばについていてくれました。娘も電話や毎週帰ってきて

何をしてくれる訳ではないけど、そばにいてくれて、息子も早く帰ってきたり

夫の居ない日は家にいてくれました。

まだまだ、波があって、良い日、悪い日がありますが、日々回復しています

家事はまだ。。洗濯を干す程度はできるようになりましたが。。。

まずはこうやってブログができるようになったことが一歩まえにすすんだかな?

 | HOME | 

Welcomeデジタル時計002

プロフィール

わんちゃん

Author:わんちゃん
2年前に人工股関節手術を行い術後、順調に歩いています。
間質性肺炎という難病も持っていますが、
毎日前向きに歩いています。3匹のワンコに癒されています。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

Enjelcrione

-Ma vie-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。